日曜日に行く教会の事なら習志野に在る教会へお越しください。

 

 
 
 
 

 

 人生の奥義(1)

 





「その奥義は、啓示によって

わたしに知らされました」 エペソ3章3節

一、 人の生存の目的

あなたは考えてみたことがありますか? あなたは何のためにこの世に生きているのでしょうか? 人生の目的は結局
何でしょうか? あなたがどんなタイプの人であっても、あなたの職業が何であっても、幾つかのことはすべての人が認めています。
すなわち、
  お金は人を満足させることができません。
  学問も人を満足させることができません。
  楽しみも人を満足させることができません。
  成功も人を満足させることができません。

なぜでしょう?
なぜならあなたはまだ認識していないからです。

二、 神の計画

神に一つの計画があります、この計画は人ととても大きな関係があります。この計画は、聖書の中で神のエコノミーと呼ばれています(注2)。
神のエコノミーとは人に対する神の計画全体のことです。それは人はどこから来て、どこへ行くのか、人生の意義は何であるのかを解き明かします。


どのようにして神のエコノミーを知ることができるでしょうか?


三、 四つのキー(かぎ
 
神はあなたのために、神のエコノミーを開く四つのキーを用意されました。この四つのキーはすべて聖書に記載されています。この四つのキーはいずれも重要で、欠くことができません。
今どうかあなたの心を開いて、静かに注意深くこのホームページを読んでください。そうすればこの四つのキーを把握することができ、神のエコノミーがはっきりし、人の生存の意義を認識し、満ち足りた人生を踏み出すことができます。

(注2)エペソ110「実現されるご計画にほかならない」(口語訳)の原文は「エコノミーへ至るためです」。エコノミーの原文は「Oikonomia」、神の計画を指す。

第一のキー 神の創造
人の存在の奥義を開く


一、 人は神のかたちをしています

どうぞ次の聖書の言葉を読んでください。

「神は言われた、『われわれのかたちに、われわれの姿に人を造り』。創世記126前半

 神による人の創造は、彼による他のすべての創造とは異なっています。
 神は人をご自身のかたちに造られました。
 手袋は手のかたちに作られます。その目的は手を入れることです。
 同じように、人は神のかたちに造られました、その目的は神を入れるためです。


二、人は器です

それでは次の聖書の言葉を読んでください。

神は「栄光へとあらかじめ用意しておられたあわれみの器に、彼の栄光の豊富を知らせようとされたとすれば、
どうなのですか?」。ローマ923

 わたしたちは神の器です。
 神はわたしたちの内容となりたがっています。
 水のビンは水を入れるためにあります。
 同じようにわたしたちは神を入れるためにあります。確かに、知識、富、楽しみ、成功はどれもあなたを満足させることができないはずです。なぜならあなたが造られたのは神を入れるためだからです!

三、人の分析

どうぞ続けて次の聖書の言葉を読んでください。

「あなたがたの霊と魂と体とを完全に守って、・・・くださいますように」。テサロニケ523

 人は神の器です。この器を聖書は三部分に分けています。と、と、です。図を見てください。

 

とは肉体のことです。生理学上の領域に属し、物質界の物事に触れ、最も表面的な部分です。

とは考える機関です。心理学上の領域に属し、心理の世界の事柄に触れ、より深い部分です。

は人の最も深い部分です。霊の領域に属し、神の事柄に触れます。

  体に病気があれば医者にかかることができます。
  心に病気があれば精神医にかかることができます。
  しかし霊の問題は神だけが解決することができるのです。

 

 

 

 

四、神のエコノミー

神は人の霊の中に入り、
人の内容となり、
人の満足となりたがっています。
これこそ人の存在の意義です!
あなたが造られたのは、
ただ単に食物を胃の中に入れるためではありません。
また知識を頭の中に入れるためでもありません。

それは神をあなたの霊の中に入れるためです。

第二のキー 人の堕落
人の持つ善の性質と悪の性質との奥義を開く

一、人の二つの性質
 
人は神のかたちに造られました。このためすべての人に神の性質と一致する「善の性質」すなわち誠実、善良、美、
知性、親切、勇気などの美徳があります。
ところが、人の内にはまた「悪の性質」もあって、「善の性質」と争い合います。これは中国哲学のいわゆる「道理と欲の争い」です。古今東西を問わず、人の性質を認識している人たちは皆この事実を認めます。この「悪の性質」が聖書の言っている:

二、罪です
 
 罪は人の内にあるので、人は良いことをしようと願っても、それを実行することができません。
  
  どん欲、しっと、人殺しを願う人はありません。
  
   おごり、高ぶり、欺きを願う人はありません。
  
  いらだち、汚れ、情欲を願う人はありません。
  
  ぐち、不平、のろいを願う人はありません。
 ところが反対に、人にはこれらの「悪の性質」からのがれることができないのです。
 どうか次の聖書の言葉を読んでください。

「わたしは自分の中に、すなわち、自分の肉の中に、善なるものが住んでいないことを知っています。なぜなら、わたしは善をしようと欲するのですが、善を行なうことはないからです」。ローマ718

「もしわたしが欲していないことを行なうなら、それを行なうのはもはやわたしではなく、わたしの中に住んでいる罪です」。
ローマ720
 これはまさに人の描写です.

三、人の堕落

 罪は人の内には入ってきて、人を堕落させました。図を見てください。

(一)罪は人の霊を死なせました
「ところであなたがたは、自分の違反と罪の中に死んでいて」。エペソ21

(二)罪は人の思いを背かせました
「かつてあなたがたは神から離れていて、悪い行ないのために、あなたがたの思いの中で敵であったのです」。
コロサイ121

(三)罪は人の体に罪を犯させました
「あなたがたは死ぬべき体の中で、罪に支配させて、体の情欲に従ってはなりません」。ローマ612

 人は堕落しました。それはまるで:
 一台のこわれたラジオのように、音楽を放送できないだけでなく、いつも雑音を発し、調節できません。
 またちょうど:
 みぞに落ちたコップのように、本来のすばらしい形は残っていても、今では泥にまみれています。

四、人は自分を救うことはできません
 
 人は昔から、あらゆる方法を尽くし、罪を犯すことから逃れようとしてきましたが:

 良い行ないをすることは罪から人を救い出すことができません。

 教育は罪から人を救い出すことができません。

 道徳は罪から人を救い出すことができません。

 お経を読むことは罪から人を救い出すことができません。

 仏像を拝むことは罪から人を救い出すことができません。

 人生の描写は、まさに善の性質と悪の性質が互いに争っている絵です!

 

人生の奥義(2)へ

 

 
 
ホームページ作り方