日曜日に行く教会の事なら習志野に在る教会へお越しください。

 

 
 
 
 

私たちの経験について

今、わたしは妊娠6か月です。大きな喜びの反面、心配や不安になるときがあります。そんな時、わたしは自分の気持ちを神に言います。その時、わたしの中におられる神はわたしを慰め、心配や不安を共に負ってくださいます。このような神にわたしは信頼しています。絶対に信頼できる方を持っていることはすばらしいことです。 (30代女性)

 

クリスチャンの兄弟姉妹はとても優しく、温かいです。今の世の中は暗いけれど、ここには明るさがあります。小組の集まりに家族で参加するのが楽しいです。 (30代女性)

 

子育てをしている中で、どうしてわたしにこんな大変な子が与えられたのかと悩んだり、不安になったりしていました。しかし教会に行くようになって、すべての環境を受け入れられるようになり、イライラしなくなり、あらゆることに感謝できるようになりました。教会にはいろいろな年代の人がいて、経験豊富な年上の方に話を聞いてもらい、アドバイスをしてもらえて、心がとても軽くなり平安になりました。 (30代女性)

 

歳をとってくると、今までできたことができなくなり、落ち込んだり、腹立たしさを感じたりしていました。このような状況の中で心から「主イエスよー」と御名を呼んで、主に頼ることができるようになりました。感謝でいっぱいです。老いることはクリスチャンにとって最高の祝福です。 (80代女性)


仕事で困難な時、主イエスに頼ることができます。職場の上司からパワーハラスメントを受け、一年間苦しみました。しかし、毎朝聖書を読み、祈り、主と交わっているうちに、その上司のために祈ることができるようになりました、「主よ、どうかあなたの祝福が上司の上にありますように」。上司のために祈った時、わたしは苦しみから解放され、平安な気持ちになれました。 (30代女性)

 

1年前にバプテスマされました。目が見たこともなく、耳が聞いたこともなく、人の心に思い浮かんだことのないものを、神はご自身を愛する者たちのために備えてくださったと感じています。兄弟姉妹は国籍にかかわらず、主からの愛を込めてすべての人を愛します。純粋な愛を見て、とても感動しています。 (20代留学生)

 

「あなたがたの心配事をすべて、神に投げてしまいなさい」という聖書の言葉は真実です。健康、仕事、家族、将来等に関する不安を、ひとつひとつ神に明け渡します。毎日わたしは神に守られているという実感があります。 (50代男性)

 

以前は夫、娘、わたしが日常生活でよくぶつかっており、それは激しいものでした。家族全員が救われた今、不思議なことに家族が元に戻る時間が早くなってきました。なぜなら主が内側におられ、わたしたちは祈ることで主に立ち返るからです。 (60代女性)

 

わたしの家庭は崩壊寸前のような状態でした。今までは素直になれなかったのですが、真に父母を愛する心が湧いてきました。これも主のおかげです。聖書にキリストは愛ですと書かれているのは本当だと思います。お互いを思いやって生きていく、それはすばらしいことだと思います。 (40代男性)

 

トラブルメーカーである家族の一員が、今ではわたしにとってなくてはならない大切な存在になりました。それはわたしが、教会生活の中で、徐々に主イエスを知り、主の恵みを享受したからです。主の恵みは、わたしという人を内側から変えることができます。 (60代女性)

 

集会に来た時、なぜか「帰ってきた」という感覚がありました。もはや地上で自分の居場所を探す必要はありません。心からくつろげ、安心し、信頼し、何があっても頼れる家と家族。毎日新鮮な喜びと力を与えてくれる神のいるところ。それがわたしにとっての教会です。 (40代女性)

 
 
ホームページ作り方