日曜日に行く教会の事なら習志野に在る教会へお越しください。

 

 
 
 
 

習志野に在る教会について

 「習志野に在る教会」は、「エルサレムに在る教会」「コリントに在る教会」「エペソに在 る教会」とあるように、聖書の模範にしたがっています。 今日、キリスト教は異なる見解、意見によって何百、何千にも分かれていますが、 わたしたちは純粋に聖書にしたがって、地方合一の立場に立ち、 すべての兄弟姉妹と一つを享受しています。 これは主の回復です。主の回復とは、教会歴史の過程で失われ間違ってしまった状態から 正確な当初のあるべき状態へと回復することです。これはウオッチマン・ニー兄弟に啓示された聖書の真理に基づく実行です。ウオッチマン・ニー兄弟のメッセージは、全世界で約2000万人のクリスチャンに愛読されています。

 現在、このような光を見て集会をする人たちが増えています。 世界中で3000箇所、日本では70箇所くらいあります。

 

わたしたちの信仰について

聖書は一語一語が聖霊によって息吹かれた神の完全な啓示であることを信じます。

神は唯一であり、永遠から永遠に至るまで同時同存される三一の神(父、子、その霊)であることを信じます。

神の御子、すなわち神ご自身が、わたしたちの贖い主、また救い主となられるため、処女マリアから生まれ、イエスという名によってひとりの人となられたことを信じます。

真正な人、イエスがこの地上で三十三年半の間、生活されたこと、それは人々に父なる神を知らせるためであったことを信じます。

イエス、すなわち神によってその霊で油塗られたキリストが、わたしたちのもろもろの罪のために十字架の上で死なれ、わたしたちの贖いの成就のために彼の血を流されたことを信じます。

イエス・キリストが三日間葬られていた後、死人の中から肉体的にも霊的にも復活させられたこと、そして復活の中で彼は命を与える霊となられたこと、それはわたしたちの命、またわたしたちのすべてとして、わたしたちの中へとご自身を分与し込むためであることを信じます。

キリストが復活された後、もろもろの天に昇られたこと、そうして神は彼を万物の主とされたことを信じます。

キリストが昇天された後、今はこの地上で罪人たちに罪を認めさせ、神の選びの民を再生し、彼らを命の中で成長させ、キリストのからだを建て上げて、神の全き表現とするために活動しておられることを信じます。

この時代の終わりにキリストが再び戻って来られて、勝利者を携え上げ、この世を裁き、地を所有し、そして彼の永遠の王国を打ち建てることを信じます。

勝利を得た聖徒たちがキリストと共に千年王国で王として支配すること、またキリストを信じるすべての者が新天新地の新エルサレムで、永遠にわたって神の祝福にあずかることを信じます。

 

聖書について


聖書は世界の2000以上の言語に翻訳され、発行部数は約3880億冊とも言われている永遠のベストセラー、ロングセラー、まさに「本の中の本」です。アメリカ合衆国第16代大統領のアブラハム・リンカーンは、「聖書は神が人間に賜わった、最もすばらしい賜物である。人間にとって望ましいものはすべて聖書にある」と言いました。聖書を読めば、わたしたちがなぜ生まれたのか、どのように生きていくべきなのか、どのようにすれば幸いな人生を送れるのかを知ることができます。

 
 
ホームページ作り方